万葉集3974番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3974番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3974番について

歌番号

3974番

原文

夜麻夫枳波|比尓々々佐伎奴|宇流波之等|安我毛布伎美波|思久々々於毛保由

訓読

山吹は日に日に咲きぬうるはしと我が思ふ君はしくしく思ほゆ

かな読み

やまぶきは|ひにひにさきぬ|うるはしと|あがもふきみは|しくしくおもほゆ

カタカナ読み

ヤマブキハ|ヒニヒニサキヌ|ウルハシト|アガモフキミハ|シクシクオモホユ

ローマ字読み|大文字

YAMABUKIHA|HINIHINISAKINU|URUHASHITO|AGAMOFUKIMIHA|SHIKUSHIKUOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

yamabukiha|hinihinisakinu|uruhashito|agamofukimiha|shikushikuomohoyu

左注|左註

三月五日大伴宿祢池主

事項|分類・ジャンル

天平19年3月5日年紀|贈答|大伴家持|恋情|遊覧|書簡|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

やまぶきは,[寛]やまふきは,
ひにひにさきぬ[寛],
うるはしと[寛],
あがもふきみは,[寛]あかもふきみは,
しくしくおもほゆ[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました