万葉集4204番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4204番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4204番について

歌番号

4204番

原文

吾勢故我|捧而持流|保寶我之婆|安多可毛似加|青盖

訓読

我が背子が捧げて持てるほほがしはあたかも似るか青き蓋

かな読み

わがせこが|ささげてもてる|ほほがしは|あたかもにるか|あをききぬがさ

カタカナ読み

ワガセコガ|ササゲテモテル|ホホガシハ|アタカモニルカ|アヲキキヌガサ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|SASAGETEMOTERU|HOHOGASHIHA|ATAKAMONIRUKA|AOKIKINUGASA

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|sasagetemoteru|hohogashiha|atakamoniruka|aokikinugasa

左注|左註

講師僧恵行

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月12日年紀|植物|氷見|富山|遊覧

校異

特に無し

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
ささげてもてる,[寛]ささけてもたる,
ほほがしは,[寛]ほほかしは,
あたかもにるか[寛],
あをききぬがさ,[寛]あをききぬかさ,

巻数

第19巻

作者

恵行

タイトルとURLをコピーしました