対馬

万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3713番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3713番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3713番について歌番号3713番原文毛美知婆波|伊麻波宇都呂布|和伎毛故我|麻多牟等伊比之|等伎能倍由氣婆訓読黄葉は今はうつろふ我妹子が待たむと言ひし時の経ゆけばかな読みも...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3714番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3714番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3714番について歌番号3714番原文安佐礼婆|故非之美伊母乎|伊米尓太尓|比左之久見牟乎|安氣尓家流香聞訓読秋されば恋しみ妹を夢にだに久しく見むを明けにけるかもかな読みあき...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3715番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3715番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3715番について歌番号3715番原文比等里能未|伎奴流許呂毛能|比毛等加婆|多礼可毛由波牟|伊敝杼保久之弖訓読ひとりのみ着寝る衣の紐解かば誰れかも結はむ家遠くしてかな読みひ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3716番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3716番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3716番について歌番号3716番原文安麻久毛能|多由多比久礼婆|九月能|毛未知能山毛|宇都呂比尓家里訓読天雲のたゆたひ来れば九月の黄葉の山もうつろひにけりかな読みあまくもの...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3717番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3717番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3717番について歌番号3717番原文多婢尓弖|奈久波也許|和伎毛故我|牟須妣思比毛波|奈礼尓家流香聞訓読旅にても喪なく早来と我妹子が結びし紐はなれにけるかもかな読みたびにて...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3707番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3707番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3707番について歌番号3707番原文安伎也麻能|毛美知乎可射之|和我乎礼婆|宇良之保美知久|伊麻太安可奈久尓訓読秋山の黄葉をかざし我が居れば浦潮満ち来いまだ飽かなくにかな読...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3708番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3708番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3708番について歌番号3708番原文毛能毛布等|比等尓波美要|之多婢毛能|思多由故布流尓|都曽倍尓家流訓読物思ふと人には見えじ下紐の下ゆ恋ふるに月ぞ経にけるかな読みものもふ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3709番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3709番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3709番について歌番号3709番原文伊敝豆刀尓|可比乎比里布等|於伎敝欲里|与世久流奈美尓|許呂毛弖奴礼奴訓読家づとに貝を拾ふと沖辺より寄せ来る波に衣手濡れぬかな読みいへづ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3710番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3710番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3710番について歌番号3710番原文之保非奈|麻多母和礼許牟|伊射遊賀武|於伎都志保佐為|多可久多知伎奴訓読潮干なばまたも我れ来むいざ行かむ沖つ潮騒高く立ち来ぬかな読みしほ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3711番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3711番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3711番について歌番号3711番原文和我袖波|多毛登等保里弖|奴礼奴等母|故非和須礼我比|等良受波由可自訓読我が袖は手本通りて濡れぬとも恋忘れ貝取らずは行かじかな読みわがそ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3712番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3712番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3712番について歌番号3712番原文奴多麻能|伊毛我保須倍久|安良奈久尓|和我許呂母弖乎|奴礼弖伊可尓勢牟訓読ぬばたまの妹が干すべくあらなくに我が衣手を濡れていかにせむかな...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3697番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3697番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3697番について歌番号3697番原文毛母布祢乃|波都流對馬能|安佐治山|志具礼能安米尓|毛美多比尓家里訓読百船の泊つる対馬の浅茅山しぐれの雨にもみたひにけりかな読みももふね...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3698番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3698番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3698番について歌番号3698番原文安麻射可流|比奈尓毛月波|弖礼々杼母|伊毛曽等保久波|和可礼伎尓家流訓読天離る鄙にも月は照れれども妹ぞ遠くは別れ来にけるかな読みあまざか...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3699番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3699番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3699番について歌番号3699番原文安伎左礼婆|於久都由之毛尓|安倍受之弖|京師乃山波|伊呂豆伎奴良牟訓読秋去れば置く露霜にあへずして都の山は色づきぬらむかな読みあきされば...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3700番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3700番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3700番について歌番号3700番原文安之比奇能|山下比可流|毛美知葉能|知里能麻河比波|計布仁聞安流香母訓読あしひきの山下光る黄葉の散りの乱ひは今日にもあるかもかな読みあし...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3701番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3701番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3701番について歌番号3701番原文多可之伎能|母美知乎見礼婆|和藝毛故我|麻多牟等伊比之|等伎曽伎尓家流訓読竹敷の黄葉を見れば我妹子が待たむと言ひし時ぞ来にけるかな読みた...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3702番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3702番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3702番について歌番号3702番原文多可思吉能|宇良能毛美知|礼由伎弖|可敝里久流末R|知里許須奈由米訓読竹敷の浦廻の黄葉我れ行きて帰り来るまで散りこすなゆめかな読みたかし...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3703番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3703番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3703番について歌番号3703番原文多可思吉能|宇敝可多山者|久礼奈為能|也之保能伊呂尓|奈里尓家流香聞訓読竹敷の宇敝可多山は紅の八しほの色になりにけるかもかな読みたかしき...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3704番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3704番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3704番について歌番号3704番原文毛美知婆能|知良布山邊由|許具布祢能|尓保比尓米R弖|伊R弖伎尓家里訓読黄葉の散らふ山辺ゆ漕ぐ船のにほひにめでて出でて来にけりかな読みも...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3705番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3705番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3705番について歌番号3705番原文多可思吉能|多麻毛奈可之|己R奈牟|君我美布祢乎|伊都等可麻多牟訓読竹敷の玉藻靡かし漕ぎ出なむ君がみ船をいつとか待たむかな読みたかしきの...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3706番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3706番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3706番について歌番号3706番原文多麻之家流|伎欲吉奈藝佐乎|之保美弖婆|安可受和礼由久|可反流左尓見牟訓読玉敷ける清き渚を潮満てば飽かず我れ行く帰るさに見むかな読みたま...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3516番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3516番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3516番について歌番号3516番原文對馬能祢波|之多具毛安良南敷|可牟能祢尓|多奈婢久君毛乎|見都追思努毛訓読対馬の嶺は下雲あらなふ可牟の嶺にたなびく雲を見つつ偲はもかな読...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集810番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集810番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集810番について歌番号810番原文伊可尓安良武|日能等伎尓可母|許恵之良武|比等能比射乃倍|和我麻久良可武訓読いかにあらむ日の時にかも声知らむ人の膝の上我が枕か...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集811番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集811番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集811番について歌番号811番原文許等々波奴|樹尓波安里等母|宇流波之吉|伎美我手奈礼能|許等尓之安流倍志訓読言とはぬ木にはありともうるはしき君が手馴れの琴にし...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集62番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集62番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集62番について歌番号62番原文在根良|對馬乃渡|々中尓|取向而|早還許年訓読在り嶺よし対馬の渡り海中に幣取り向けて早帰り来ねかな読みありねよし|つしまのわたり|わ...
タイトルとURLをコピーしました