万葉集3711番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3711番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3711番について

歌番号

3711番

原文

和我袖波|多毛登等保里弖|奴礼奴等母|故非和須礼我比|等良受波由可自

訓読

我が袖は手本通りて濡れぬとも恋忘れ貝取らずは行かじ

かな読み

わがそでは|たもととほりて|ぬれぬとも|こひわすれがひ|とらずはゆかじ

カタカナ読み

ワガソデハ|タモトトホリテ|ヌレヌトモ|コヒワスレガヒ|トラズハユカジ

ローマ字読み|大文字

WAGASODEHA|TAMOTOTOHORITE|NURENUTOMO|KOHIWASUREGAHI|TORAZUHAYUKAJI

ローマ字読み|小文字

wagasodeha|tamototohorite|nurenutomo|kohiwasuregahi|torazuhayukaji

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|対馬|長崎|望郷

校異

特に無し

寛永版本

わがそでは,[寛]わかそては,
たもととほりて[寛],
ぬれぬとも[寛],
こひわすれがひ,[寛]こひわすれかひ,
とらずはゆかじ,[寛]とらすはゆかし,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました