万葉集3714番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3714番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3714番について

歌番号

3714番

原文

安<伎>佐礼婆|故非之美伊母乎|伊米尓太尓|比左之久見牟乎|安氣尓家流香聞

訓読

秋されば恋しみ妹を夢にだに久しく見むを明けにけるかも

かな読み

あきされば|こひしみいもを|いめにだに|ひさしくみむを|あけにけるかも

カタカナ読み

アキサレバ|コヒシミイモヲ|イメニダニ|ヒサシクミムヲ|アケニケルカモ

ローマ字読み|大文字

AKISAREBA|KOHISHIMIIMO|IMENIDANI|HISASHIKUMIMUO|AKENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

akisareba|kohishimiimo|imenidani|hisashikumimuo|akenikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|恋情|羈旅|望郷|対馬|長崎

校異

藝->伎【紀】【細】

寛永版本

あきされば,[寛]あきされは,
こひしみいもを[寛],
いめにだに,[寛]いめにたに,
ひさしくみむを[寛],
あけにけるかも[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました