万葉集62番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集62番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集62番について

歌番号

62番

原文

在根良|對馬乃渡|々中尓|<幣>取向而|早還許年

訓読

在り嶺よし対馬の渡り海中に幣取り向けて早帰り来ね

かな読み

ありねよし|つしまのわたり|わたなかに|ぬさとりむけて|はやかへりこね

カタカナ読み

アリネヨシ|ツシマノワタリ|ワタナカニ|ヌサトリムケテ|ハヤカヘリコネ

ローマ字読み|大文字

ARINEYOSHI|TSUSHIMANOWATARI|WATANAKANI|NUSATORIMUKETE|HAYAKAHERIKONE

ローマ字読み|小文字

arineyoshi|tsushimanowatari|watanakani|nusatorimukete|hayakaherikone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|三野連|入唐|餞別|地名|対馬

校異

弊->幣【元】【類】【冷】

寛永版本

ありねよし[寛],
つしまのわたり[寛],
わたなかに[寛],
ぬさとりむけて[寛],
はやかへりこね[寛],

巻数

第1巻

作者

春日老

タイトルとURLをコピーしました