万葉集3710番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3710番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3710番について

歌番号

3710番

原文

之保非奈<婆>|麻多母和礼許牟|伊射遊賀武|於伎都志保佐為|多可久多知伎奴

訓読

潮干なばまたも我れ来むいざ行かむ沖つ潮騒高く立ち来ぬ

かな読み

しほひなば|またもわれこむ|いざゆかむ|おきつしほさゐ|たかくたちきぬ

カタカナ読み

シホヒナバ|マタモワレコム|イザユカム|オキツシホサヰ|タカクタチキヌ

ローマ字読み|大文字

SHIHOHINABA|MATAMOWAREKOMU|IZAYUKAMU|OKITSUSHIHOSAI|TAKAKUTACHIKINU

ローマ字読み|小文字

shihohinaba|matamowarekomu|izayukamu|okitsushihosai|takakutachikinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|対馬|長崎

校異

波->婆【類】

寛永版本

しほひなば,[寛]しほひなは,
またもわれこむ[寛],
いざゆかむ,[寛]いさゆかむ,
おきつしほさゐ[寛],
たかくたちきぬ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました