万葉集3516番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3516番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3516番について

歌番号

3516番

原文

對馬能祢波|之多具毛安良南敷|可牟能祢尓|多奈婢久君毛乎|見都追思努<波>毛

訓読

対馬の嶺は下雲あらなふ可牟の嶺にたなびく雲を見つつ偲はも

かな読み

つしまのねは|したぐもあらなふ|かむのねに|たなびくくもを|みつつしのはも

カタカナ読み

ツシマノネハ|シタグモアラナフ|カムノネニ|タナビククモヲ|ミツツシノハモ

ローマ字読み|大文字

TSUSHIMANONEHA|SHITAGUMOARANAFU|KAMUNONENI|TANABIKUKUMO|MITSUTSUSHINOHAMO

ローマ字読み|小文字

tsushimanoneha|shitagumoaranafu|kamunoneni|tanabikukumo|mitsutsushinohamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|対馬|長崎県|望郷|羈旅|防人

校異

婆->波【元】【類】【紀】

寛永版本

つしまのねは[寛],
したぐもあらなふ,[寛]したくもあらなふ,
かむのねに[寛],
たなびくくもを,[寛]たなひくくもを,
みつつしのはも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました