万葉集3707番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3707番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3707番について

歌番号

3707番

原文

安伎也麻能|毛美知乎可射之|和我乎礼婆|宇良之保美知久|伊麻太安可奈久尓

訓読

秋山の黄葉をかざし我が居れば浦潮満ち来いまだ飽かなくに

かな読み

あきやまの|もみちをかざし|わがをれば|うらしほみちく|いまだあかなくに

カタカナ読み

アキヤマノ|モミチヲカザシ|ワガヲレバ|ウラシホミチク|イマダアカナクニ

ローマ字読み|大文字

AKIYAMANO|MOMICHIOKAZASHI|WAGAOREBA|URASHIHOMICHIKU|IMADAAKANAKUNI

ローマ字読み|小文字

akiyamano|momichiokazashi|wagaoreba|urashihomichiku|imadaakanakuni

左注|左註

右一首副使

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|土地讃美|長崎|対馬

校異

特に無し

寛永版本

あきやまの[寛],
もみちをかざし,[寛]もみちをかさし,
わがをれば,[寛]わかをれは,
うらしほみちく[寛],
いまだあかなくに,[寛]いまたあかなくに,

巻数

第15巻

作者

壬生宇太麻呂

タイトルとURLをコピーしました