万葉集3717番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3717番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3717番について

歌番号

3717番

原文

多婢尓弖<毛>|<母>奈久波也許<登>|和伎毛故我|牟須妣思比毛波|奈礼尓家流香聞

訓読

旅にても喪なく早来と我妹子が結びし紐はなれにけるかも

かな読み

たびにても|もなくはやこと|わぎもこが|むすびしひもは|なれにけるかも

カタカナ読み

タビニテモ|モナクハヤコト|ワギモコガ|ムスビシヒモハ|ナレニケルカモ

ローマ字読み|大文字

TABINITEMO|MONAKUHAYAKOTO|WAGIMOKOGA|MUSUBISHIHIMOHA|NARENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

tabinitemo|monakuhayakoto|wagimokoga|musubishihimoha|narenikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|望郷|対馬|長崎

校異

母->毛【類】|毛->母【類】|等->登【類】【古】【紀】

寛永版本

たびにても,[寛]たひにても,
もなくはやこと[寛],
わぎもこが,[寛]わきもこか,
むすびしひもは,[寛]むすひしひもは,
なれにけるかも[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました