万葉集3712番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3712番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3712番について

歌番号

3712番

原文

奴<婆>多麻能|伊毛我保須倍久|安良奈久尓|和我許呂母弖乎|奴礼弖伊可尓勢牟

訓読

ぬばたまの妹が干すべくあらなくに我が衣手を濡れていかにせむ

かな読み

ぬばたまの|いもがほすべく|あらなくに|わがころもでを|ぬれていかにせむ

カタカナ読み

ヌバタマノ|イモガホスベク|アラナクニ|ワガコロモデヲ|ヌレテイカニセム

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|IMOGAHOSUBEKU|ARANAKUNI|WAGAKOROMODEO|NURETEIKANISEMU

ローマ字読み|小文字

nubatamano|imogahosubeku|aranakuni|wagakoromodeo|nureteikanisemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|枕詞|羈旅|対馬|長崎|望郷

校異

波->婆【類】【古】

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
いもがほすべく,[寛]いもかほすへく,
あらなくに[寛],
わがころもでを,[寛]わかころもてを,
ぬれていかにせむ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました