万葉集3709番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3709番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3709番について

歌番号

3709番

原文

伊敝豆刀尓|可比乎比里布等|於伎敝欲里|与世久流奈美尓|許呂毛弖奴礼奴

訓読

家づとに貝を拾ふと沖辺より寄せ来る波に衣手濡れぬ

かな読み

いへづとに|かひをひりふと|おきへより|よせくるなみに|ころもでぬれぬ

カタカナ読み

イヘヅトニ|カヒヲヒリフト|オキヘヨリ|ヨセクルナミニ|コロモデヌレヌ

ローマ字読み|大文字

IHEZUTONI|KAHIOHIRIFUTO|OKIHEYORI|YOSEKURUNAMINI|KOROMODENURENU

ローマ字読み|小文字

ihezutoni|kahiohirifuto|okiheyori|yosekurunamini|koromodenurenu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|長崎|対馬|望郷|牫侄げ

校異

特に無し

寛永版本

いへづとに,[寛]いへつとに,
かひをひりふと[寛],
おきへより[寛],
よせくるなみに[寛],
ころもでぬれぬ,[寛]ころもてぬれぬ,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました