万葉集3698番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3698番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3698番について

歌番号

3698番

原文

安麻射可流|比奈尓毛月波|弖礼々杼母|伊毛曽等保久波|和可礼伎尓家流

訓読

天離る鄙にも月は照れれども妹ぞ遠くは別れ来にける

かな読み

あまざかる|ひなにもつきは|てれれども|いもぞとほくは|わかれきにける

カタカナ読み

アマザカル|ヒナニモツキハ|テレレドモ|イモゾトホクハ|ワカレキニケル

ローマ字読み|大文字

AMAZAKARU|HINANIMOTSUKIHA|TEREREDOMO|IMOZOTOHOKUHA|WAKAREKINIKERU

ローマ字読み|小文字

amazakaru|hinanimotsukiha|tereredomo|imozotohokuha|wakarekinikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|長崎|対馬|望郷|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

あまざかる[寛],
ひなにもつきは[寛],
てれれども,[寛]てれれとも,
いもぞとほくは,[寛]いもそとほくは,
わかれきにける[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました