万葉集3706番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3706番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3706番について

歌番号

3706番

原文

多麻之家流|伎欲吉奈藝佐乎|之保美弖婆|安可受和礼由久|可反流左尓見牟

訓読

玉敷ける清き渚を潮満てば飽かず我れ行く帰るさに見む

かな読み

たましける|きよきなぎさを|しほみてば|あかずわれゆく|かへるさにみむ

カタカナ読み

タマシケル|キヨキナギサヲ|シホミテバ|アカズワレユク|カヘルサニミム

ローマ字読み|大文字

TAMASHIKERU|KIYOKINAGISAO|SHIHOMITEBA|AKAZUWAREYUKU|KAHERUSANIMIMU

ローマ字読み|小文字

tamashikeru|kiyokinagisao|shihomiteba|akazuwareyuku|kaherusanimimu

左注|左註

右一首大使

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|土地讃美|長崎|対馬

校異

特に無し

寛永版本

たましける[寛],
きよきなぎさを,[寛]きよきなきさを,
しほみてば,[寛]しほみては,
あかずわれゆく,[寛]あかすわれゆく,
かへるさにみむ[寛],

巻数

第15巻

作者

阿倍継麻呂

タイトルとURLをコピーしました