万葉集3699番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3699番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3699番について

歌番号

3699番

原文

安伎左礼婆|於久都由之毛尓|安倍受之弖|京師乃山波|伊呂豆伎奴良牟

訓読

秋去れば置く露霜にあへずして都の山は色づきぬらむ

かな読み

あきされば|おくつゆしもに|あへずして|みやこのやまは|いろづきぬらむ

カタカナ読み

アキサレバ|オクツユシモニ|アヘズシテ|ミヤコノヤマハ|イロヅキヌラム

ローマ字読み|大文字

AKISAREBA|OKUTSUYUSHIMONI|AHEZUSHITE|MIYAKONOYAMAHA|IROZUKINURAMU

ローマ字読み|小文字

akisareba|okutsuyushimoni|ahezushite|miyakonoyamaha|irozukinuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|長崎|対馬|望郷

校異

特に無し

寛永版本

あきされば,[寛]あきされは,
おくつゆしもに[寛],
あへずして,[寛]あへすして,
みやこのやまは[寛],
いろづきぬらむ,[寛]いろつきぬらむ,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました