高市黒人が作者の万葉集

万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1718番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1718番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1718番について歌番号1718番原文足利思|榜行舟薄|高嶋之|足速之水門尓|極尓鴨訓読率ひて漕ぎ行く舟は高島の安曇の港に泊てにけむかもかな読みあどもひて|こ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集305番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集305番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集305番について歌番号305番原文如是故尓|不見跡云物乎|樂浪乃|舊都乎|令見乍本名訓読かく故に見じと言ふものを楽浪の旧き都を見せつつもとなかな読みかくゆゑに|...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集283番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集283番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集283番について歌番号283番原文墨吉乃|得名津尓立而|見渡者|六兒乃泊従|出流船人訓読住吉の得名津に立ちて見わたせば武庫の泊りゆ出づる船人かな読みすみのえの|...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集270番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集270番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集270番について歌番号270番原文客為而|物戀敷尓|山下|赤乃曽|奥榜所見訓読旅にしてもの恋しきに山下の赤のそほ船沖を漕ぐ見ゆかな読みたびにして|ものこほしきに...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集271番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集271番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集271番について歌番号271番原文櫻田部|鶴鳴渡|年魚市方|塩干二家良之|鶴鳴渡訓読桜田へ鶴鳴き渡る年魚市潟潮干にけらし鶴鳴き渡るかな読みさくらだへ|たづなきわ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集272番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集272番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集272番について歌番号272番原文四極山|打越見者|笠縫之|嶋榜隠|棚無小舟訓読四極山うち越え見れば笠縫の島漕ぎ隠る棚なし小舟かな読みしはつやま|うちこえみれば...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集273番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集273番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集273番について歌番号273番原文礒前|榜手廻行者|近江海|八十之湊尓|鵠佐波二鳴|訓読磯の崎漕ぎ廻み行けば近江の海八十の港に鶴さはに鳴く|かな読みいそのさき|...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集274番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集274番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集274番について歌番号274番原文吾船者|枚乃湖尓|榜将泊|奥部莫避|左夜深去来訓読我が舟は比良の港に漕ぎ泊てむ沖へな離りさ夜更けにけりかな読みわがふねは|ひら...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集275番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集275番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集275番について歌番号275番原文何處|吾将宿|高嶋乃|勝野原尓|此日暮去者訓読いづくにか我は宿らむ高島の勝野の原にこの日暮れなばかな読みいづくにか|われはやど...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集276番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集276番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集276番について歌番号276番原文妹母我母|一有加母|三河有|二見自道|別不勝鶴訓読妹も我れも一つなれかも三河なる二見の道ゆ別れかねつるかな読みいももあれも|ひ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集277番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集277番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集277番について歌番号277番原文速来而母|見手益物乎|山背|高槻村|散去奚留鴨訓読早来ても見てましものを山背の高の槻群散りにけるかもかな読みはやきても|みてま...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集279番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集279番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集279番について歌番号279番原文吾妹兒二|猪名野者令見都|名次山|角松原|何時可将示訓読我妹子に猪名野は見せつ名次山角の松原いつか示さむかな読みわぎもこに|ゐ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集280番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集280番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集280番について歌番号280番原文去来兒等|倭部早|白菅乃|真野乃榛原|手折而将歸訓読いざ子ども大和へ早く白菅の真野の榛原手折りて行かむかな読みいざこども|やま...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集58番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集58番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集58番について歌番号58番原文何所尓可|船泊為良武|安礼乃埼|榜多味行之|棚無小舟訓読いづくにか船泊てすらむ安礼の崎漕ぎ廻み行きし棚無し小舟かな読みいづくにか|ふ...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集70番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集70番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集70番について歌番号70番原文倭尓者|鳴而歟来良武|呼兒鳥|象乃中山|呼曽越奈流訓読大和には鳴きてか来らむ呼子鳥象の中山呼びぞ越ゆなるかな読みやまとには|なきてか...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集32番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集32番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集32番について歌番号32番原文古|人尓和礼有哉|樂浪乃|故京乎|見者悲寸訓読古の人に我れあれや楽浪の古き都を見れば悲しきかな読みいにしへの|ひとにわれあれや|ささ...
万葉集|第1巻の和歌一覧

万葉集33番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集33番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集33番について歌番号33番原文樂浪乃|國都美神乃|浦佐備而|荒有京|見者悲毛訓読楽浪の国つ御神のうらさびて荒れたる都見れば悲しもかな読みささなみの|くにつみかみの...
タイトルとURLをコピーしました