万葉集280番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集280番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集280番について

歌番号

280番

原文

去来兒等|倭部早|白菅乃|真野乃榛原|手折而将歸

訓読

いざ子ども大和へ早く白菅の真野の榛原手折りて行かむ

かな読み

いざこども|やまとへはやく|しらすげの|まののはりはら|たをりてゆかむ

カタカナ読み

イザコドモ|ヤマトヘハヤク|シラスゲノ|マノノハリハラ|タヲリテユカム

ローマ字読み|大文字

IZAKODOMO|YAMATOHEHAYAKU|SHIRASUGENO|MANONOHARIHARA|TAORITEYUKAMU

ローマ字読み|小文字

izakodomo|yamatohehayaku|shirasugeno|manonoharihara|taoriteyukamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|兵庫|地名|植物|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

いざこども,[寛]いさやこら,
やまとへはやく[寛],
しらすげの,[寛]しらすけの,
まののはりはら,[寛]まののはきはら,
たをりてゆかむ[寛],

巻数

第3巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました