万葉集283番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集283番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集283番について

歌番号

283番

原文

墨吉乃|得名津尓立而|見渡者|六兒乃泊従|出流船人

訓読

住吉の得名津に立ちて見わたせば武庫の泊りゆ出づる船人

かな読み

すみのえの|えなつにたちて|みわたせば|むこのとまりゆ|いづるふなびと

カタカナ読み

スミノエノ|エナツニタチテ|ミワタセバ|ムコノトマリユ|イヅルフナビト

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|ENATSUNITACHITE|MIWATASEBA|MUKONOTOMARIYU|IZURUFUNABITO

ローマ字読み|小文字

suminoeno|enatsunitachite|miwataseba|mukonotomariyu|izurufunabito

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|大阪|兵庫|地名

校異

特に無し

寛永版本

すみのえの[寛],
えなつにたちて[寛],
みわたせば,[寛]みわたせは,
むこのとまりゆ,[寛]むこのとまりを,
いづるふなびと,[寛]いつるふなひと,

巻数

第3巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました