万葉集273番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集273番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集273番について

歌番号

273番

原文

礒前|榜手廻行者|近江海|八十之湊尓|鵠佐波二鳴|[未詳]

訓読

磯の崎漕ぎ廻み行けば近江の海八十の港に鶴さはに鳴く|[未詳]

かな読み

いそのさき|こぎたみゆけば|あふみのうみ|やそのみなとに|たづさはになく

カタカナ読み

イソノサキ|コギタミユケバ|アフミノウミ|ヤソノミナトニ|タヅサハニナク

ローマ字読み|大文字

ISONOSAKI|KOGITAMIYUKEBA|AFUMINOMI|YASONOMINATONI|TAZUSAHANINAKU

ローマ字読み|小文字

isonosaki|kogitamiyukeba|afuminomi|yasonominatoni|tazusahaninaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|琵琶湖|滋賀|地名|動物

校異

未詳【類】【紀】(塙)

寛永版本

いそのさき,[寛]いそさきを,
こぎたみゆけば,[寛]こきたみゆけは,
あふみのうみ[寛],
やそのみなとに[寛],
たづさはになく,[寛]たつさはになく,

巻数

第3巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました