万葉集70番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集70番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集70番について

歌番号

70番

原文

倭尓者|鳴而歟来良武|呼兒鳥|象乃中山|呼曽越奈流

訓読

大和には鳴きてか来らむ呼子鳥象の中山呼びぞ越ゆなる

かな読み

やまとには|なきてかくらむ|よぶこどり|きさのなかやま|よびぞこゆなる

カタカナ読み

ヤマトニハ|ナキテカクラム|ヨブコドリ|キサノナカヤマ|ヨビゾコユナル

ローマ字読み|大文字

YAMATONIHA|NAKITEKAKURAMU|YOBUKODORI|KISANONAKAYAMA|YOBIZOKOYUNARU

ローマ字読み|小文字

yamatoniha|nakitekakuramu|yobukodori|kisanonakayama|yobizokoyunaru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|持統|行幸|大阪|従駕|望郷|地名|動物

校異

特に無し

寛永版本

やまとには[寛],
なきてかくらむ[寛],
よぶこどり,[寛]よふことり,
きさのなかやま[寛],
よびぞこゆなる,[寛]よひそこゆなる,

巻数

第1巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました