万葉集277番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集277番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集277番について

歌番号

277番

原文

速来而母|見手益物乎|山背|高槻村|散去奚留鴨

訓読

早来ても見てましものを山背の高の槻群散りにけるかも

かな読み

はやきても|みてましものを|やましろの|たかのつきむら|ちりにけるかも

カタカナ読み

ハヤキテモ|ミテマシモノヲ|ヤマシロノ|タカノツキムラ|チリニケルカモ

ローマ字読み|大文字

HAYAKITEMO|MITEMASHIMONO|YAMASHIRONO|TAKANOTSUKIMURA|CHIRINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

hayakitemo|mitemashimono|yamashirono|takanotsukimura|chirinikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|京都|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

はやきても,[寛]とくきても,
みてましものを[寛],
やましろの[寛],
たかのつきむら,[寛]たかつきむらの,
ちりにけるかも[寛],

巻数

第3巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました