万葉集1718番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1718番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1718番について

歌番号

1718番

原文

足利思<代>|榜行舟薄|高嶋之|足速之水門尓|極尓<監>鴨

訓読

率ひて漕ぎ行く舟は高島の安曇の港に泊てにけむかも

かな読み

あどもひて|こぎゆくふねは|たかしまの|あどのみなとに|はてにけむかも

カタカナ読み

アドモヒテ|コギユクフネハ|タカシマノ|アドノミナトニ|ハテニケムカモ

ローマ字読み|大文字

ADOMOHITE|KOGIYUKUFUNEHA|TAKASHIMANO|ADONOMINATONI|HATENIKEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

adomohite|kogiyukufuneha|takashimano|adonominatoni|hatenikemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|琵琶湖|滋賀県|羈旅|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|伐->代【濫】【壬】【類】【紀】|濫->監【類】【古】【紀】

寛永版本

あどもひて,[寛]あしりをは,
こぎゆくふねは,[寛]こきゆくふねは,
たかしまの[寛],
あどのみなとに,[寛]あとのみなとに,
はてにけむかも[寛],

巻数

第9巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました