万葉集271番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集271番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集271番について

歌番号

271番

原文

櫻田部|鶴鳴渡|年魚市方|塩干二家良之|鶴鳴渡

訓読

桜田へ鶴鳴き渡る年魚市潟潮干にけらし鶴鳴き渡る

かな読み

さくらだへ|たづなきわたる|あゆちがた|しほひにけらし|たづなきわたる

カタカナ読み

サクラダヘ|タヅナキワタル|アユチガタ|シホヒニケラシ|タヅナキワタル

ローマ字読み|大文字

SAKURADAHE|TAZUNAKIWATARU|AYUCHIGATA|SHIHOHINIKERASHI|TAZUNAKIWATARU

ローマ字読み|小文字

sakuradahe|tazunakiwataru|ayuchigata|shihohinikerashi|tazunakiwataru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|名古屋|愛知|地名|動物

校異

特に無し

寛永版本

さくらだへ,[寛]さくらたへ,
たづなきわたる,[寛]たつなきわたる,
あゆちがた,[寛]あゆちかた,
しほひにけらし[寛],
たづなきわたる,[寛]たつなきわたる,

巻数

第3巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました