万葉集275番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集275番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集275番について

歌番号

275番

原文

何處|吾将宿|高嶋乃|勝野原尓|此日暮去者

訓読

いづくにか我は宿らむ高島の勝野の原にこの日暮れなば

かな読み

いづくにか|われはやどらむ|たかしまの|かちののはらに|このひくれなば

カタカナ読み

イヅクニカ|ワレハヤドラム|タカシマノ|カチノノハラニ|コノヒクレナバ

ローマ字読み|大文字

IZUKUNIKA|WAREHAYADORAMU|TAKASHIMANO|KACHINONOHARANI|KONOHIKURENABA

ローマ字読み|小文字

izukunika|warehayadoramu|takashimano|kachinonoharani|konohikurenaba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|滋賀|地名

校異

特に無し

寛永版本

いづくにか,[寛]いつこにか,
われはやどらむ,[寛]わかやとりせむ,
たかしまの[寛],
かちののはらに[寛],
このひくれなば,[寛]このひくれなは,

巻数

第3巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました