万葉集32番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集32番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集32番について

歌番号

32番

原文

古|人尓和礼有哉|樂浪乃|故京乎|見者悲寸

訓読

古の人に我れあれや楽浪の古き都を見れば悲しき

かな読み

いにしへの|ひとにわれあれや|ささなみの|ふるきみやこを|みればかなしき

カタカナ読み

イニシヘノ|ヒトニワレアレヤ|ササナミノ|フルキミヤコヲ|ミレバカナシキ

ローマ字読み|大文字

INISHIHENO|HITONIWAREAREYA|SASANAMINO|FURUKIMIYAKO|MIREBAKANASHIKI

ローマ字読み|小文字

inishiheno|hitoniwareareya|sasanamino|furukimiyako|mirebakanashiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|荒都歌|大津|地名|滋賀

校異

特に無し

寛永版本

いにしへの,[寛]ふるひとに,
ひとにわれあれや,[寛]われあるらめや,
ささなみの[寛],
ふるきみやこを[寛],
みればかなしき,[寛]みれはかなしき,

巻数

第1巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました