万葉集276番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集276番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集276番について

歌番号

276番

原文

妹母我母|一有加母|三河有|二見自道|別不勝鶴

訓読

妹も我れも一つなれかも三河なる二見の道ゆ別れかねつる

かな読み

いももあれも|ひとつなれかも|みかはなる|ふたみのみちゆ|わかれかねつる

カタカナ読み

イモモアレモ|ヒトツナレカモ|ミカハナル|フタミノミチユ|ワカレカネツル

ローマ字読み|大文字

IMOMOAREMO|HITOTSUNAREKAMO|MIKAHANARU|FUTAMINOMICHIYU|WAKAREKANETSURU

ローマ字読み|小文字

imomoaremo|hitotsunarekamo|mikahanaru|futaminomichiyu|wakarekanetsuru

左注|左註

一本云|水河乃|二見之自道|別者|吾勢毛吾文|獨可文将去

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|異伝|愛知|地名

校異

特に無し

寛永版本

いももあれも,[寛]いももわれも,
ひとつなれかも,[寛]ひとつなるかも,
みかはなる[寛],
ふたみのみちゆ,[寛]ふたみのみちに,
わかれかねつる[寛],みかはの[寛],
ふたみのみちゆ,[寛]ふたみのみちに,
わかれなば,[寛]わかるれは,
わがせもわれも,[寛]わかせもわれも,
ひとりかもゆかむ[寛],

巻数

第3巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました