万葉集305番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集305番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集305番について

歌番号

305番

原文

如是故尓|不見跡云物乎|樂浪乃|舊都乎|令見乍本名

訓読

かく故に見じと言ふものを楽浪の旧き都を見せつつもとな

かな読み

かくゆゑに|みじといふものを|ささなみの|ふるきみやこを|みせつつもとな

カタカナ読み

カクユヱニ|ミジトイフモノヲ|ササナミノ|フルキミヤコヲ|ミセツツモトナ

ローマ字読み|大文字

KAKUYUENI|MIJITOIFUMONO|SASANAMINO|FURUKIMIYAKO|MISETSUTSUMOTONA

ローマ字読み|小文字

kakuyueni|mijitoifumono|sasanamino|furukimiyako|misetsutsumotona

左注|左註

右歌或本曰少辨作也|未審此少弁者也

事項|分類・ジャンル

雑歌|少辨|近江荒都|荒都歌|大津|滋賀|異伝|地名

校異

歌【西】謌

寛永版本

かくゆゑに[寛],
みじといふものを,[寛]みしといふものを,
ささなみの[寛],
ふるきみやこを[寛],
みせつつもとな[寛],

巻数

第3巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました