万葉集279番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集279番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集279番について

歌番号

279番

原文

吾妹兒二|猪名野者令見都|名次山|角松原|何時可将示

訓読

我妹子に猪名野は見せつ名次山角の松原いつか示さむ

かな読み

わぎもこに|ゐなのはみせつ|なすきやま|つののまつばら|いつかしめさむ

カタカナ読み

ワギモコニ|ヰナノハミセツ|ナスキヤマ|ツノノマツバラ|イツカシメサム

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKONI|INANOHAMISETSU|NASUKIYAMA|TSUNONOMATSUBARA|ITSUKASHIMESAMU

ローマ字読み|小文字

wagimokoni|inanohamisetsu|nasukiyama|tsunonomatsubara|itsukashimesamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|兵庫|地名|土地讃美

校異

歌【西】謌

寛永版本

わぎもこに,[寛]わきもこに,
ゐなのはみせつ[寛],
なすきやま,[寛]なつきやま,
つののまつばら,[寛]つののまつはら,
いつかしめさむ[寛],

巻数

第3巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました