万葉集33番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集33番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集33番について

歌番号

33番

原文

樂浪乃|國都美神乃|浦佐備而|荒有京|見者悲毛

訓読

楽浪の国つ御神のうらさびて荒れたる都見れば悲しも

かな読み

ささなみの|くにつみかみの|うらさびて|あれたるみやこ|みればかなしも

カタカナ読み

ササナミノ|クニツミカミノ|ウラサビテ|アレタルミヤコ|ミレバカナシモ

ローマ字読み|大文字

SASANAMINO|KUNITSUMIKAMINO|URASABITE|ARETARUMIYAKO|MIREBAKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

sasanamino|kunitsumikamino|urasabite|aretarumiyako|mirebakanashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|荒都歌|大津|国魂|地名|滋賀

校異

特に無し

寛永版本

ささなみの[寛],
くにつみかみの[寛],
うらさびて,[寛]うらさひて,
あれたるみやこ[寛],
みればかなしも,[寛]みれはかなしも,

巻数

第1巻

作者

高市黒人

タイトルとURLをコピーしました