万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2968番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2968番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2968番について歌番号2968番原文橡之|一重衣|裏毛無|将有兒故|戀渡可聞訓読橡の一重の衣うらもなくあるらむ子ゆゑ恋ひわたるかもかな読みつるはみの|ひとへのころも|うらも...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2969番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2969番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2969番について歌番号2969番原文解衣之|念乱而|雖戀|何之故其跡|問人毛無訓読解き衣の思ひ乱れて恋ふれども何のゆゑぞと問ふ人もなしかな読みとききぬの|おもひみだれて|こ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2970番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2970番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2970番について歌番号2970番原文桃花褐|淺等乃衣|淺尓|念而妹尓|将相物香裳訓読桃染めの浅らの衣浅らかに思ひて妹に逢はむものかもかな読みももそめの|あさらのころも|あさ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2971番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2971番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2971番について歌番号2971番原文大王之|塩焼海部乃|藤衣|穢者雖為|弥希将見毛訓読大君の塩焼く海人の藤衣なれはすれどもいやめづらしもかな読みおほきみの|しほやくあまの|...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2972番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2972番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2972番について歌番号2972番原文赤帛之|純裏衣|長欲|我念君之|不所見比者鴨訓読赤絹の純裏の衣長く欲り我が思ふ君が見えぬころかもかな読みあかきぬの|ひたうらのきぬ|なが...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2964番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2964番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2964番について歌番号2964番原文如是耳|在家流君乎|衣尓有者|下毛将著跡|念有家留訓読かくのみにありける君を衣にあらば下にも着むと我が思へりけるかな読みかくのみに|あり...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2965番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2965番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2965番について歌番号2965番原文橡之|袷衣|裏尓為者|吾将強八方|君之不来座訓読橡の袷の衣裏にせば我れ強ひめやも君が来まさぬかな読みつるはみの|あはせのころも|うらにせ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2966番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2966番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2966番について歌番号2966番原文紅|薄染衣|淺尓|相見之人尓|戀比日可聞訓読紅の薄染め衣浅らかに相見し人に恋ふるころかもかな読みくれなゐの|うすそめころも|あさらかに|...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2967番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2967番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2967番について歌番号2967番原文年之經者|見管偲登|妹之言思|衣乃目|見者哀裳訓読年の経ば見つつ偲へと妹が言ひし衣の縫目見れば悲しもかな読みとしのへば|みつつしのへと|...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2619番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2619番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2619番について歌番号2619番原文朝影尓|吾身者成|辛衣|襴之不相而|久成者訓読朝影に我が身はなりぬ韓衣裾のあはずて久しくなればかな読みあさかげに|あがみはなりぬ|からこ...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2620番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2620番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2620番について歌番号2620番原文解衣之|思乱而|雖戀|何如汝之故跡|問人毛無訓読解き衣の思ひ乱れて恋ふれどもなぞ汝がゆゑと問ふ人もなきかな読みとききぬの|おもひみだれて...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2621番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2621番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2621番について歌番号2621番原文摺衣|著有跡夢見津|者|孰人之|言可将繁訓読摺り衣着りと夢に見つうつつにはいづれの人の言か繁けむかな読みすりころも|けりといめにみつ|う...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2622番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2622番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2622番について歌番号2622番原文志賀乃白水之|塩焼衣|雖穢|戀云物者|忘金津毛訓読志賀の海人の塩焼き衣なれぬれど恋といふものは忘れかねつもかな読みしかのあまの|しほやき...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2623番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2623番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2623番について歌番号2623番原文呉藍之|八塩乃衣|朝旦|穢者雖為|益希将見裳訓読紅の八しほの衣朝な朝な馴れはすれどもいやめづらしもかな読みくれなゐの|やしほのころも|あ...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2624番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2624番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2624番について歌番号2624番原文紅之|深染衣|色深|染西鹿齒蚊|遺不得鶴訓読紅の深染めの衣色深く染みにしかばか忘れかねつるかな読みくれなゐの|こそめのころも|いろふかく...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2625番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2625番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2625番について歌番号2625番原文不相尓|夕卜乎問常|幣尓置尓|吾衣手者|又曽可續訓読逢はなくに夕占を問ふと幣に置くに我が衣手はまたぞ継ぐべきかな読みあはなくに|ゆふけを...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2626番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2626番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2626番について歌番号2626番原文古衣|打棄人者|秋風之|立来時尓|物念物其訓読古衣打棄つる人は秋風の立ちくる時に物思ふものぞかな読みふるころも|うつつるひとは|あきかぜ...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2628番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2628番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2628番について歌番号2628番原文去家之|倭文旗帶乎|結垂|孰云人毛|君者不益訓読いにしへの倭文機帯を結び垂れ誰れといふ人も君にはまさじかな読みいにしへの|しつはたおびを...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2628S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2628S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2628S番について歌番号2628異伝歌番原文古之|狭織之帶乎|結垂|誰之能人毛|君尓波不益訓読いにしへの狭織の帯を結び垂れ誰れしの人も君にはまさじかな読みいにしへの|さお...
タイトルとURLをコピーしました