万葉集2619番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2619番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2619番について

歌番号

2619番

原文

朝影尓|吾身者成|辛衣|襴之不相而|久成者

訓読

朝影に我が身はなりぬ韓衣裾のあはずて久しくなれば

かな読み

あさかげに|あがみはなりぬ|からころも|すそのあはずて|ひさしくなれば

カタカナ読み

アサカゲニ|アガミハナリヌ|カラコロモ|スソノアハズテ|ヒサシクナレバ

ローマ字読み|大文字

ASAKAGENI|AGAMIHANARINU|KARAKOROMO|SUSONOAHAZUTE|HISASHIKUNAREBA

ローマ字読み|小文字

asakageni|agamihanarinu|karakoromo|susonoahazute|hisashikunareba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|序詞|衣

校異

特に無し

寛永版本

あさかげに,[寛]あさかけに,
あがみはなりぬ,[寛]わかみはなりぬ,
からころも[寛],
すそのあはずて,[寛]すそのあはすて,
ひさしくなれば,[寛]ひさしくなれは,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました