万葉集2964番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2964番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2964番について

歌番号

2964番

原文

如是耳|在家流君乎|衣尓有者|下毛将著跡|<吾>念有家留

訓読

かくのみにありける君を衣にあらば下にも着むと我が思へりける

かな読み

かくのみに|ありけるきみを|きぬにあらば|したにもきむと|わがおもへりける

カタカナ読み

カクノミニ|アリケルキミヲ|キヌニアラバ|シタニモキムト|ワガオモヘリケル

ローマ字読み|大文字

KAKUNOMINI|ARIKERUKIMIO|KINUNIARABA|SHITANIMOKIMUTO|WAGAOMOHERIKERU

ローマ字読み|小文字

kakunomini|arikerukimio|kinuniaraba|shitanimokimuto|wagaomoherikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|恋情|衣

校異

吾【西(上書訂正)】【元】【類】【古】

寛永版本

かくのみに,[寛]かくしのみ,
ありけるきみを[寛],
きぬにあらば,[寛]きぬにあらは,
したにもきむと[寛],
わがおもへりける,[寛]わかおもへりける,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました