万葉集2972番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2972番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2972番について

歌番号

2972番

原文

赤帛之|純裏衣|長欲|我念君之|不所見比者鴨

訓読

赤絹の純裏の衣長く欲り我が思ふ君が見えぬころかも

かな読み

あかきぬの|ひたうらのきぬ|ながくほり|あがおもふきみが|みえぬころかも

カタカナ読み

アカキヌノ|ヒタウラノキヌ|ナガクホリ|アガオモフキミガ|ミエヌコロカモ

ローマ字読み|大文字

AKAKINUNO|HITAURANOKINU|NAGAKUHORI|AGAOMOFUKIMIGA|MIENUKOROKAMO

ローマ字読み|小文字

akakinuno|hitauranokinu|nagakuhori|agaomofukimiga|mienukorokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

衣|序詞|女歌|恋愛|不安

校異

特に無し

寛永版本

あかきぬの[寛],
ひたうらのきぬ,[寛]すみうらころも,
ながくほり,[寛]なかくほり,
あがおもふきみが,[寛]わかおもふきみか,
みえぬころかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました