万葉集2970番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2970番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2970番について

歌番号

2970番

原文

桃花褐|淺等乃衣|淺尓|念而妹尓|将相物香裳

訓読

桃染めの浅らの衣浅らかに思ひて妹に逢はむものかも

かな読み

ももそめの|あさらのころも|あさらかに|おもひていもに|あはむものかも

カタカナ読み

モモソメノ|アサラノコロモ|アサラカニ|オモヒテイモニ|アハムモノカモ

ローマ字読み|大文字

MOMOSOMENO|ASARANOKOROMO|ASARAKANI|OMOHITEIMONI|AHAMUMONOKAMO

ローマ字読み|小文字

momosomeno|asaranokoromo|asarakani|omohiteimoni|ahamumonokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|衣|序詞

校異

特に無し

寛永版本

ももそめの,[寛]あらそめの,
あさらのころも[寛],
あさらかに,[寛]あさはかに,
おもひていもに[寛],
あはむものかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました