万葉集2625番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2625番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2625番について

歌番号

2625番

原文

不相尓|夕卜乎問常|幣尓置尓|吾衣手者|又曽可續

訓読

逢はなくに夕占を問ふと幣に置くに我が衣手はまたぞ継ぐべき

かな読み

あはなくに|ゆふけをとふと|ぬさにおくに|わがころもでは|またぞつぐべき

カタカナ読み

アハナクニ|ユフケヲトフト|ヌサニオクニ|ワガコロモデハ|マタゾツグベキ

ローマ字読み|大文字

AHANAKUNI|YUFUKEOTOFUTO|NUSANIOKUNI|WAGAKOROMODEHA|MATAZOTSUGUBEKI

ローマ字読み|小文字

ahanakuni|yufukeotofuto|nusaniokuni|wagakoromodeha|matazotsugubeki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

衣|待攦

校異

特に無し

寛永版本

あはなくに[寛],
ゆふけをとふと[寛],
ぬさにおくに[寛],
わがころもでは,[寛]わかころもては,
またぞつぐべき,[寛]またそつくへき,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました