万葉集2971番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2971番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2971番について

歌番号

2971番

原文

大王之|塩焼海部乃|藤衣|穢者雖為|弥希将見毛

訓読

大君の塩焼く海人の藤衣なれはすれどもいやめづらしも

かな読み

おほきみの|しほやくあまの|ふぢころも|なれはすれども|いやめづらしも

カタカナ読み

オホキミノ|シホヤクアマノ|フヂコロモ|ナレハスレドモ|イヤメヅラシモ

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|SHIHOYAKUAMANO|FUJIKOROMO|NAREHASUREDOMO|IYAMEZURASHIMO

ローマ字読み|小文字

ohokimino|shihoyakuamano|fujikoromo|narehasuredomo|iyamezurashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|序詞|衣|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

おほきみの[寛],
しほやくあまの[寛],
ふぢころも,[寛]ふちころも,
なれはすれども,[寛]なれはすれとも,
いやめづらしも,[寛]いやめつらしも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました