万葉集2966番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2966番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2966番について

歌番号

2966番

原文

紅|薄染衣|淺尓|相見之人尓|戀比日可聞

訓読

紅の薄染め衣浅らかに相見し人に恋ふるころかも

かな読み

くれなゐの|うすそめころも|あさらかに|あひみしひとに|こふるころかも

カタカナ読み

クレナヰノ|ウスソメコロモ|アサラカニ|アヒミシヒトニ|コフルコロカモ

ローマ字読み|大文字

KURENAINO|USUSOMEKOROMO|ASARAKANI|AHIMISHIHITONI|KOFURUKOROKAMO

ローマ字読み|小文字

kurenaino|ususomekoromo|asarakani|ahimishihitoni|kofurukorokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

衣|恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

くれなゐの[寛],
うすそめころも[寛],
あさらかに,[寛]あさはかに,
あひみしひとに[寛],
こふるころかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました