万葉集2623番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2623番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2623番について

歌番号

2623番

原文

呉藍之|八塩乃衣|朝旦|穢者雖為|益希将見裳

訓読

紅の八しほの衣朝な朝な馴れはすれどもいやめづらしも

かな読み

くれなゐの|やしほのころも|あさなさな|なれはすれども|いやめづらしも

カタカナ読み

クレナヰノ|ヤシホノコロモ|アサナサナ|ナレハスレドモ|イヤメヅラシモ

ローマ字読み|大文字

KURENAINO|YASHIHONOKOROMO|ASANASANA|NAREHASUREDOMO|IYAMEZURASHIMO

ローマ字読み|小文字

kurenaino|yashihonokoromo|asanasana|narehasuredomo|iyamezurashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

衣|色|染色|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

くれなゐの[寛],
やしほのころも[寛],
あさなさな[寛],
なれはすれども,[寛]なれはすれとも,
いやめづらしも,[寛]もしめつらしも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました