万葉集2626番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2626番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2626番について

歌番号

2626番

原文

古衣|打棄人者|秋風之|立来時尓|物念物其

訓読

古衣打棄つる人は秋風の立ちくる時に物思ふものぞ

かな読み

ふるころも|うつつるひとは|あきかぜの|たちくるときに|ものもふものぞ

カタカナ読み

フルコロモ|ウツツルヒトハ|アキカゼノ|タチクルトキニ|モノモフモノゾ

ローマ字読み|大文字

FURUKOROMO|UTSUTSURUHITOHA|AKIKAZENO|TACHIKURUTOKINI|MONOMOFUMONOZO

ローマ字読み|小文字

furukoromo|utsutsuruhitoha|akikazeno|tachikurutokini|monomofumonozo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

衣|比喩

校異

特に無し

寛永版本

ふるころも[寛],
うつつるひとは,[寛]うちすてひとは,
あきかぜの,[寛]あきかせの,
たちくるときに[寛],
ものもふものぞ,[寛]ものおもふものそ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました