万葉集2621番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2621番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2621番について

歌番号

2621番

原文

摺衣|著有跡夢見津|<寤>者|孰人之|言可将繁

訓読

摺り衣着りと夢に見つうつつにはいづれの人の言か繁けむ

かな読み

すりころも|けりといめにみつ|うつつには|いづれのひとの|ことかしげけむ

カタカナ読み

スリコロモ|ケリトイメニミツ|ウツツニハ|イヅレノヒトノ|コトカシゲケム

ローマ字読み|大文字

SURIKOROMO|KERITOIMENIMITSU|UTSUTSUNIHA|IZURENOHITONO|KOTOKASHIGEKEMU

ローマ字読み|小文字

surikoromo|keritoimenimitsu|utsutsuniha|izurenohitono|kotokashigekemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

衣|尫柜蹋

校異

寐->寤【西(貼紙)】

寛永版本

すりころも[寛],
けりといめにみつ,[寛]きるとゆめみつ,
うつつには[寛],
いづれのひとの,[寛]いつれのひとの,
ことかしげけむ,[寛]ことかしけけむ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました