万葉集2965番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2965番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2965番について

歌番号

2965番

原文

橡之|袷衣|裏尓為者|吾将強八方|君之不来座

訓読

橡の袷の衣裏にせば我れ強ひめやも君が来まさぬ

かな読み

つるはみの|あはせのころも|うらにせば|われしひめやも|きみがきまさぬ

カタカナ読み

ツルハミノ|アハセノコロモ|ウラニセバ|ワレシヒメヤモ|キミガキマサヌ

ローマ字読み|大文字

TSURUHAMINO|AHASENOKOROMO|URANISEBA|WARESHIHIMEYAMO|KIMIGAKIMASANU

ローマ字読み|小文字

tsuruhamino|ahasenokoromo|uraniseba|wareshihimeyamo|kimigakimasanu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|恋情|怨恨|序詞|衣

校異

特に無し

寛永版本

つるはみの[寛],
あはせのころも,[寛]あはせのきぬの,
うらにせば,[寛]うらにせは,
われしひめやも[寛],
きみがきまさぬ,[寛]きみかきまさぬ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました