田辺福麻呂歌集が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1806番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1806番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1806番について歌番号1806番原文蘆桧木笶|荒山中尓|送置而|還良布見者|情苦喪訓読あしひきの荒山中に送り置きて帰らふ見れば心苦しもかな読みあしひきの|あ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1792番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1792番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1792番について歌番号1792番原文白玉之|人乃其名矣|中々二|辞緒延|不遇日之|數多過者|戀日之|累行者|思遣|田時乎白土|肝向|心摧而|珠手次|不懸時無...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1793番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1793番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1793番について歌番号1793番原文垣保成|人之横辞|繁香裳|不遭日數多|月乃經良武訓読垣ほなす人の横言繁みかも逢はぬ日数多く月の経ぬらむかな読みかきほなす...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1794番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1794番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1794番について歌番号1794番原文立易|月重而|難不遇|核不所忘|面影思天訓読たち変り月重なりて逢はねどもさね忘らえず面影にしてかな読みたちかはり|つきか...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1800番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1800番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1800番について歌番号1800番原文小垣内之|麻矣引干|妹名根之|作服異六|白細乃|紐緒毛不解|一重結|帶矣三重結|伎尓|仕奉而|今谷裳|國尓退而|父妣毛|...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1801番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1801番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1801番について歌番号1801番原文古之|益荒丁子|各競|妻問為祁牟|葦屋乃|菟名日處女乃|奥城矣|吾立見者|永世乃|語尓為乍|後人|偲尓世武等|玉桙乃|道...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1802番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1802番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1802番について歌番号1802番原文古乃|小竹田丁子乃|妻問石|菟會處女乃|奥城叙此訓読古への信太壮士の妻問ひし菟原娘子の奥城ぞこれかな読みいにしへの|しの...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1803番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1803番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1803番について歌番号1803番原文語継|可良仁文幾許|戀布矣|直目尓見兼|古丁子訓読語り継ぐからにもここだ恋しきを直目に見けむ古へ壮士かな読みかたりつぐ|...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1804番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1804番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1804番について歌番号1804番原文父母賀|成乃任尓|箸向|弟乃命者|朝露乃|銷易杵壽|神之共|荒競不勝而|葦原乃|水穂之國尓|家無哉|又還不来|遠津國|黄...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1805番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1805番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1805番について歌番号1805番原文別而裳|復毛可遭|所念者|心乱|吾戀目八方|訓読別れてもまたも逢ふべく思ほえば心乱れて我れ恋ひめやも|かな読みわかれても...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1061番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1061番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1061番について歌番号1061番原文咲花乃|色者不易|百石城乃|大宮人叙|立易流訓読咲く花の色は変らずももしきの大宮人ぞたち変りけるかな読みさくはなの|いろ...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1062番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1062番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1062番について歌番号1062番原文安見知之|吾大王乃|在通|名庭乃宮者|不知魚取|海片就而|玉拾|濱邊乎近見|朝羽振|浪之聲糝|夕薙丹|櫂合之聲所聆|暁之...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1063番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1063番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1063番について歌番号1063番原文有通|難波乃宮者|海近見|童女等之|乗船所見訓読あり通ふ難波の宮は海近み海人娘子らが乗れる舟見ゆかな読みありがよふ|なに...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1064番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1064番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1064番について歌番号1064番原文塩干者|葦邊尓糝|白鶴乃|妻呼音者|宮毛動響二訓読潮干れば葦辺に騒く白鶴の妻呼ぶ声は宮もとどろにかな読みしほふれば|あし...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1065番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1065番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1065番について歌番号1065番原文八千桙之|神乃御世自|百船之|泊停跡|八嶋國|百船純乃|定而師|三犬女乃浦者|朝風尓|浦浪左和寸|夕浪尓|玉藻者来依|白...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1066番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1066番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1066番について歌番号1066番原文真十鏡|見宿女乃浦者|百船|過而可徃|濱有國訓読まそ鏡敏馬の浦は百舟の過ぎて行くべき浜ならなくにかな読みまそかがみ|みぬ...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1067番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1067番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1067番について歌番号1067番原文濱清|浦愛見|神世自|千船湊|大和太乃濱訓読浜清み浦うるはしみ神代より千舟の泊つる大和太の浜かな読みはまきよみ|うらうる...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1047番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1047番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1047番について歌番号1047番原文八隅知之|吾大王乃|高敷為|日本國者|皇祖乃|神之御代自|敷座流|國尓之有者|阿礼将座|御子之嗣継|天下|所知座跡|八百...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1048番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1048番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1048番について歌番号1048番原文立易|古京跡|成者|道之志婆草|長生尓異訓読たち変り古き都となりぬれば道の芝草長く生ひにけりかな読みたちかはり|ふるきみ...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1049番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1049番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1049番について歌番号1049番原文名付西|奈良乃京之|荒行者|出立毎尓|嘆思益訓読なつきにし奈良の都の荒れゆけば出で立つごとに嘆きし増さるかな読みなつきに...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1050番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1050番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1050番について歌番号1050番原文明津神|吾皇之|天下|八嶋之中尓|國者霜|多雖有|里者霜|澤尓雖有|山並之|宜國跡|川次之|立合郷跡|山代乃|鹿脊山際尓...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1051番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1051番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1051番について歌番号1051番原文三日原|布當乃野邊|清見社|大宮處||定異等霜訓読三香の原布当の野辺を清みこそ大宮所||定めけらしもかな読みみかのはら|...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1052番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1052番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1052番について歌番号1052番原文高来|川乃湍清石|百世左右|神之味将|大宮所訓読山高く川の瀬清し百代まで神しみゆかむ大宮所かな読みやまたかく|かはのせき...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1053番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1053番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1053番について歌番号1053番原文吾皇|神乃命乃|高所知|布當乃宮者|百樹成|山者木高之|落多藝都|湍音毛清之|鴬乃|来鳴春部者|巌者|山下耀|錦成|花咲...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1054番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1054番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1054番について歌番号1054番原文泉|徃瀬乃水之|絶者許曽|大宮地|遷徃目訓読泉川行く瀬の水の絶えばこそ大宮所移ろひ行かめかな読みいづみがは|ゆくせのみづ...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1055番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1055番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1055番について歌番号1055番原文布當山|山並見者|百代尓毛|不可易|大宮處訓読布当山山なみ見れば百代にも変るましじき大宮所かな読みふたぎやま|やまなみみ...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1056番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1056番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1056番について歌番号1056番原文D嬬等之|續麻繁云|鹿脊之山|時之徃|京師跡成宿訓読娘子らが続麻懸くといふ鹿背の山時しゆければ都となりぬかな読みをとめら...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1057番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1057番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1057番について歌番号1057番原文鹿脊之山|樹立矣繁三|朝不去|寸鳴響為|鴬之音訓読鹿背の山木立を茂み朝さらず来鳴き響もす鴬の声かな読みかせのやま|こだち...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1058番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1058番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1058番について歌番号1058番原文狛山尓|鳴霍公鳥|泉河|渡乎遠見|此間尓不通|訓読狛山に鳴く霍公鳥泉川渡りを遠みここに通はず|かな読みこまやまに|なくほ...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1059番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1059番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1059番について歌番号1059番原文三香原|久邇乃京師者|山高|河之瀬清|在吉迹|人者雖云|在吉跡|吾者雖念|故去之|里尓四有者|國見跡|人毛不通|里見者|...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1060番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1060番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1060番について歌番号1060番原文三香原|久邇乃京者|荒去家里|大宮人乃|遷去礼者訓読三香の原久迩の都は荒れにけり大宮人のうつろひぬればかな読みみかのはら...
タイトルとURLをコピーしました