万葉集1066番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1066番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1066番について

歌番号

1066番

原文

真十鏡|見宿女乃浦者|百船|過而可徃|濱有<七>國

訓読

まそ鏡敏馬の浦は百舟の過ぎて行くべき浜ならなくに

かな読み

まそかがみ|みぬめのうらは|ももふねの|すぎてゆくべき|はまならなくに

カタカナ読み

マソカガミ|ミヌメノウラハ|モモフネノ|スギテユクベキ|ハマナラナクニ

ローマ字読み|大文字

MASOKAGAMI|MINUMENORAHA|MOMOFUNENO|SUGITEYUKUBEKI|HAMANARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

masokagami|minumenoraha|momofuneno|sugiteyukubeki|hamanaranakuni

左注|左註

右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|土地讃美|兵庫|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|七【西(上書訂正)】【元】【類】【紀】

寛永版本

まそかがみ,[寛]まそかかみ,
みぬめのうらは[寛],
ももふねの[寛],
すぎてゆくべき,[寛]すきてゆくへき,
はまならなくに[寛],

巻数

第6巻

作者

田辺福麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました