万葉集1052番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1052番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1052番について

歌番号

1052番

原文

<山>高来|川乃湍清石|百世左右|神之味将<徃>|大宮所

訓読

山高く川の瀬清し百代まで神しみゆかむ大宮所

かな読み

やまたかく|かはのせきよし|ももよまで|かむしみゆかむ|おほみやところ

カタカナ読み

ヤマタカク|カハノセキヨシ|モモヨマデ|カムシミユカム|オホミヤトコロ

ローマ字読み|大文字

YAMATAKAKU|KAHANOSEKIYOSHI|MOMOYOMADE|KAMUSHIMIYUKAMU|OHOMIYATOKORO

ローマ字読み|小文字

yamatakaku|kahanosekiyoshi|momoyomade|kamushimiyukamu|ohomiyatokoro

左注|左註

右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也

事項|分類・ジャンル

雑歌|久邇京|新都讃美|京都|地名

校異

弓->山【万葉考】|->徃【西(右書)】【元】【古】【紀】

寛永版本

やまたかく[寛],
かはのせきよし[寛],
ももよまで,[寛]ももよまて,
かむしみゆかむ,[寛]かみのみゆかむ,
おほみやところ[寛],

巻数

第6巻

作者

田辺福麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました