万葉集1056番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1056番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1056番について

歌番号

1056番

原文

D嬬等之|續麻繁云|鹿脊之山|時之徃<者>|京師跡成宿

訓読

娘子らが続麻懸くといふ鹿背の山時しゆければ都となりぬ

かな読み

をとめらが|うみをかくといふ|かせのやま|ときしゆければ|みやことなりぬ

カタカナ読み

ヲトメラガ|ウミヲカクトイフ|カセノヤマ|トキシユケレバ|ミヤコトナリヌ

ローマ字読み|大文字

OTOMERAGA|UMIOKAKUTOIFU|KASENOYAMA|TOKISHIYUKEREBA|MIYAKOTONARINU

ローマ字読み|小文字

otomeraga|umiokakutoifu|kasenoyama|tokishiyukereba|miyakotonarinu

左注|左註

右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也

事項|分類・ジャンル

雑歌|久邇京|新都讃美|京都|地名

校異

去->者【元】【類】【紀】

寛永版本

をとめらが,[寛]をとめらか,
うみをかくといふ[寛],
かせのやま[寛],
ときしゆければ,[寛]ときのゆけれは,
みやことなりぬ[寛],

巻数

第6巻

作者

田辺福麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました