万葉集1803番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1803番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1803番について

歌番号

1803番

原文

語継|可良仁文幾許|戀布矣|直目尓見兼|古丁子

訓読

語り継ぐからにもここだ恋しきを直目に見けむ古へ壮士

かな読み

かたりつぐ|からにもここだ|こほしきを|ただめにみけむ|いにしへをとこ

カタカナ読み

カタリツグ|カラニモココダ|コホシキヲ|タダメニミケム|イニシヘヲトコ

ローマ字読み|大文字

KATARITSUGU|KARANIMOKOKODA|KOHOSHIKIO|TADAMENIMIKEMU|INISHIHEOTOKO

ローマ字読み|小文字

kataritsugu|karanimokokoda|kohoshikio|tadamenimikemu|inishiheotoko

左注|左註

右七首田邊福麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

挽歌|兵庫県|芦屋|妻争媿|鎮魂|伝説|尫渧媿娘子|地名

校異

特に無し

寛永版本

かたりつぐ,[寛]かたりつく,
からにもここだ,[寛]からにもここた,
こほしきを,[寛]こひしきを,
ただめにみけむ,[寛]たためにみけむ,
いにしへをとこ,[寛]むかしのをのこ,

巻数

第9巻

作者

田辺福麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました