万葉集1802番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1802番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1802番について

歌番号

1802番

原文

古乃|小竹田丁子乃|妻問石|菟會處女乃|奥城叙此

訓読

古への信太壮士の妻問ひし菟原娘子の奥城ぞこれ

かな読み

いにしへの|しのだをとこの|つまどひし|うなひをとめの|おくつきぞこれ

カタカナ読み

イニシヘノ|シノダヲトコノ|ツマドヒシ|ウナヒヲトメノ|オクツキゾコレ

ローマ字読み|大文字

INISHIHENO|SHINODAOTOKONO|TSUMADOHISHI|UNAHIOTOMENO|OKUTSUKIZOKORE

ローマ字読み|小文字

inishiheno|shinodaotokono|tsumadohishi|unahiotomeno|okutsukizokore

左注|左註

右七首田邊福麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

挽歌|兵庫県|芦屋|妻争媿|鎮魂|伝説|尫渧媿娘子|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いにしへの[寛],
しのだをとこの,[寛]ささたをのこの,
つまどひし,[寛]つまとひし,
うなひをとめの[寛],
おくつきぞこれ,[寛]おきつきそこれ,

巻数

第9巻

作者

田辺福麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました