万葉集1064番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1064番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1064番について

歌番号

1064番

原文

塩干者|葦邊尓糝|白鶴乃|妻呼音者|宮毛動響二

訓読

潮干れば葦辺に騒く白鶴の妻呼ぶ声は宮もとどろに

かな読み

しほふれば|あしへにさわく|しらたづの|つまよぶこゑは|みやもとどろに

カタカナ読み

シホフレバ|アシヘニサワク|シラタヅノ|ツマヨブコヱハ|ミヤモトドロニ

ローマ字読み|大文字

SHIHOFUREBA|ASHIHENISAWAKU|SHIRATAZUNO|TSUMAYOBUKOEHA|MIYAMOTODORONI

ローマ字読み|小文字

shihofureba|ashihenisawaku|shiratazuno|tsumayobukoeha|miyamotodoroni

左注|左註

右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也

事項|分類・ジャンル

雑歌|難波|大阪|新都讃美|地名

校異

特に無し

寛永版本

しほふれば,[寛]しほひれは,
あしへにさわく[寛],
しらたづの,[寛]あしたつの,
つまよぶこゑは,[寛]つまよふこゑは,
みやもとどろに,[寛]みやもととろに,

巻数

第6巻

作者

田辺福麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました