万葉集1061番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1061番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1061番について

歌番号

1061番

原文

咲花乃|色者不易|百石城乃|大宮人叙|立易<奚>流

訓読

咲く花の色は変らずももしきの大宮人ぞたち変りける

かな読み

さくはなの|いろはかはらず|ももしきの|おほみやひとぞ|たちかはりける

カタカナ読み

サクハナノ|イロハカハラズ|モモシキノ|オホミヤヒトゾ|タチカハリケル

ローマ字読み|大文字

SAKUHANANO|IROHAKAHARAZU|MOMOSHIKINO|OHOMIYAHITOZO|TACHIKAHARIKERU

ローマ字読み|小文字

sakuhanano|irohakaharazu|momoshikino|ohomiyahitozo|tachikaharikeru

左注|左註

右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也

事項|分類・ジャンル

雑歌|荒都歌|久邇京|京都|地名

校異

去->奚【元】【紀】

寛永版本

さくはなの[寛],
いろはかはらず,[寛]いろはかはらす,
ももしきの[寛],
おほみやひとぞ,[寛]おほみやひとそ,
たちかはりける,[寛]たちかはりぬる,

巻数

第6巻

作者

田辺福麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました