後朝

万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4233番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4233番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4233番について歌番号4233番原文打羽振|鶏者鳴等母|如此許|零敷雪尓|君伊麻左米也母訓読うち羽振き鶏は鳴くともかくばかり降り敷く雪に君いまさめやもかな読みうちはぶき|と...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3458番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3458番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3458番について歌番号3458番原文奈勢能古夜|等里乃乎加恥志|奈可太乎礼|安乎祢思奈久与|伊久豆君麻弖尓訓読汝背の子や等里の岡道しなかだ折れ我を音し泣くよ息づくまでにかな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3430番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3430番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3430番について歌番号3430番原文斯太能宇良乎|阿佐許求布祢波|与志奈之尓|許求良米可母与|志許佐流良米訓読志太の浦を朝漕ぐ船はよしなしに漕ぐらめかもよよしこさるらめかな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3357番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3357番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3357番について歌番号3357番原文可須美為流|布時能夜麻備尓|和我伎奈婆|伊豆知武吉弖加|伊毛我奈氣可牟訓読霞居る富士の山びに我が来なばいづち向きてか妹が嘆かむかな読みか...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3180番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3180番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3180番について歌番号3180番原文浦毛無|去之君故|朝旦|本名焉戀|相跡者無杼訓読うらもなく去にし君ゆゑ朝な朝なもとなぞ恋ふる逢ふとはなけどかな読みうらもなく|いにしきみ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3095番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3095番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3095番について歌番号3095番原文朝烏|早勿鳴|吾背子之|旦開之容儀|見者悲毛訓読朝烏早くな鳴きそ我が背子が朝明の姿見れば悲しもかな読みあさがらす|はやくななきそ|わがせ...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3007番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3007番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3007番について歌番号3007番原文野干玉|夜渡月之|清者|吉見而申尾|君之光儀乎訓読ぬばたまの夜渡る月のさやけくはよく見てましを君が姿をかな読みぬばたまの|よわたるつきの...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2973番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2973番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2973番について歌番号2973番原文真玉就|越乞兼而|結鶴|言下紐之|解日有米也訓読真玉つくをちこち兼ねて結びつる我が下紐の解くる日あらめやかな読みまたまつく|をちこちかね...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2841番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2841番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2841番について歌番号2841番原文我背子之|朝明形|吉不見|今日間|戀暮鴨訓読我が背子が朝明の姿よく見ずて今日の間を恋ひ暮らすかもかな読みわがせこが|あさけのすがた|よく...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2578番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2578番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2578番について歌番号2578番原文朝宿髪|吾者不梳|愛|君之手枕|觸義之鬼尾訓読朝寝髪我れは梳らじうるはしき君が手枕触れてしものをかな読みあさねがみ|われはけづらじ|うる...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2563番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2563番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2563番について歌番号2563番原文他眼守|君之随尓|余共尓|夙興乍|裳所沾訓読人目守る君がまにまに我れさへに早く起きつつ裳の裾濡れぬかな読みひとめもる|きみがまにまに|わ...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2513番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2513番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2513番について歌番号2513番原文雷神|小動|刺雲|雨零耶|君将留訓読鳴る神の少し響みてさし曇り雨も降らぬか君を留めむかな読みなるかみの|すこしとよみて|さしくもり|あめ...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2514番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2514番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2514番について歌番号2514番原文雷神|小動|雖不零|吾将留|妹留者訓読鳴る神の少し響みて降らずとも我は留まらむ妹し留めばかな読みなるかみの|すこしとよみて|ふらずとも|...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2518番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2518番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2518番について歌番号2518番原文吾妹子之|吾呼送跡|白細布乃|袂漬左右二|哭四所念訓読我妹子が我れを送ると白栲の袖漬つまでに泣きし思ほゆかな読みわぎもこが|われをおくる...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2485番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2485番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2485番について歌番号2485番原文袖振|可見限|吾雖有|其松枝|隠在訓読袖振らば見ゆべき限り我れはあれどその松が枝に隠らひにけりかな読みそでふらば|みゆべきかぎり|われは...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2389番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2389番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2389番について歌番号2389番原文烏玉|是夜莫明|朱引|朝行公|待苦訓読ぬばたまのこの夜な明けそ赤らひく朝行く君を待たば苦しもかな読みぬばたまの|このよなあけそ|あからひ...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2357番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2357番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2357番について歌番号2357番原文朝戸出|公足結乎|閏露原|早起|出乍吾毛|裳下閏奈訓読朝戸出の君が足結を濡らす露原早く起き出でつつ我れも裳裾濡らさなかな読みあさとでの|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集709番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集709番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集709番について歌番号709番原文夕闇者|路多豆頭四|待月而|行吾背子|其間尓母将見訓読夕闇は道たづたづし月待ちて行ませ我が背子その間にも見むかな読みゆふやみは...
タイトルとURLをコピーしました